抹茶スイーツ西条園とオンラインショップを展開する株式会社あいや

抹茶製造工程

  1. トップページ » 
  2. 抹茶について » 
  3. 抹茶製造工程

数ミクロンの抹茶粒子は、長い時間と手間をかけて作られていきます。

茶葉を摘みます(茶摘み)

 茶の木に新芽が芽吹く4月上旬。新芽が出始めると茶園全体に日光を遮るために黒い覆いをかけます。日光を遮ることによって旨味成分のテアニンから渋味のタンニンへの変化が抑えられ、香りもほのかに甘いお抹茶独特の「覆い香」と呼ばれる香りとなり、そして綺麗な緑色を引き出します。八十八夜を過ぎると、茶摘みが始まります。

▲生葉
(なまは)


茶葉を荒茶へ加工

 摘まれた新芽の茶葉は、荒茶加工工場に運ばれます。そして、高温で蒸すことで発酵酵素の活動を止め、鮮やかな緑色を保つことができるのです。その後、大型の乾燥機でゆっくり水分を抜くことで乾燥茶にします。この状態を荒茶、または碾茶荒茶といいます。

▲荒茶
(あらちゃ)


荒茶を碾茶へ加工

 荒茶から茎、葉脈を取り除くことで、栄養と美味しさの詰まった葉の部分だけを原料にすることができます。具体的には、茶葉揃え、風力選別、再乾燥、電気選別、色選別を経て碾茶に精製されます。

▲碾茶
(てんちゃ)


碾茶を抹茶へ加工

 精製された碾茶は抹茶工場に移送されます。湿度、温度が一定に保たれた抹茶製造室では茶臼が24時間稼働し、数ミクロンの抹茶を作り上げています。丹精込めて碾き上げられる茶道用高級抹茶は、1台の茶臼で1時間にわずか40g程しか製造できません。

▲抹茶
(まっちゃ)


抹茶を包装パックし出荷

 碾き上がった抹茶は最終検査の後、包装されます。検査をクリアした製品だけが鮮度を保ったまま国内はもちろん、世界各国へ出荷されます。

▲抹茶製品



ページ上部へ戻る


トピック

(株)あいやのこだわり『伝統の茶臼製法』

 茶臼は高品質な抹茶を生みだすために無くてはならない道具であり、製造法です。数ミクロンの茶道用高級抹茶は1台の茶臼で約40gしかできません。そのような貴重な微粒子を作り上げる茶臼を管理するのは、師匠から弟子へと綿々と伝えられている「目立て職人たちの匠の技」です。(株)あいやはこの伝統職人を擁し毎日最高品質の微粒子を作るために技を磨いています。

▲茶臼




ページ上部へ戻る