採用情報 西条園 ミュージアム オンラインショップ

あいや お抹茶ひとすじ

採用情報 > 新卒採用 > 企画・開発職(市場開発課)

企画開発職(市場開発課) 企画開発職(市場開発課)

企画開発職(市場開発課)

■業務内容

  • ブランドの構築、新商品の開発業務
  • 新規店舗の出店に伴う市場調査、出店契約、運営管理
  • マーケティング業務(市場調査、効果測定、各種データ管理)
  • 広報業務(各種メディアの取材対応)、広告業務(広告制作、facebook、ブログ等SNSの配信)

■仕事のやりがい、面白さ

  • 今ないものをゼロから創りだす面白さ
  • 会社にとっての大切な、次の一手を担う部署であること
  • 新しいことへのチャレンジを推奨してくれる会社であること

募集要項

募集要項

初 任 給大学院卒…212,000円 / 4大卒…201,000円 / 短大卒…186,000円
+ 皆勤手当10,000円 / 交通費(上限10,000円)
昇 給年1回
賞 与年2回
勤 務 地愛知県西尾市上町横町屋敷15番地
勤務時間8:15~17:30
休日休暇年間105日間(土曜(隔週)日曜・祝日、社内カレンダーに準ずる)
福利厚生各種(健康・厚生・雇用・労災)保険完備、社内レクリエーション行事(花見・BBQ・ボウリング大会等)、国内外研修制度、健康診断、誕生日祝い金、制服貸与、社員割引、有給休暇、退職金制度、育児休暇制度

応募方法・選考の流れ

■新卒採用

まずは下記ボタンよりご応募ください。エントリー受付のメールが届きますので、その内容に従い履歴書をご郵送ください。

書類選考 → 一次面接 → 筆記試験・二次面接 → 最終面接 → 採用

ご不明な点はこちらから お問い合わせ

企画開発職(市場開発課)に応募する

より詳しい、企画開発職(市場開発課)の仕事内容

市場開発課はその名の通り新しい市場を開発する部署です。
マーケティング、広告展開、広報活動、新商品の開発、新店舗の出店などを行なっています。
あいやは茶道の伝統を重んじつつも革新を大切にして、常に新しい取り組みに挑戦しています。
先入観にとらわれることなく、お客さまの声、時代の声を聞きながら、あいやにとって次に必要となるものをいち早く見つけ、形にしていきます。

市場開発課 係長 鈴木里佳

先輩社員の声市場開発課 係長 鈴木里佳

法人取引がメインだったあいやの、
新しい一手「西条園」

 あいやは2010年頃まで、主に法人顧客に抹茶を卸売りする「B to B取引」をしてきました。そのため業界の中では確固たる知名度やブランドを確立していましたが、小売市場においてはあまり知られていませんでした。

 幅広い世代に抹茶の魅力を知っていただくために、新たに小売ブランドを構築しようと考えました。それが2011年に立ち上げたスイーツブランド「西条園」です。どこよりも高品質な抹茶にこだわり、抹茶本来の美味しさを味わっていただけるスイーツを目指しました。

 その際に世界を舞台に活躍するパティシエ、シェ・シバタの柴田武氏にも協力を頂き、商品開発をしました。抹茶メーカーとしてのあいやのこだわりに、パティシエである柴田氏のこだわりが加わり、魅力的な抹茶スイーツがいくつも生まれました。贈り物としても喜ばれ、人気の抹茶バウムクーヘンとお茶のセットは2016年日本ギフト大賞で、愛知県で1品だけ選ばれる「愛知賞」を受賞しました。

抹茶スイーツの専門店をオープン

 スイーツブランド「西条園」を立ち上げた後、より多くの人にブランドの世界観を伝えるためには、タッチポイントとなるリアル店舗が必要だと思いました。そのためのお店「西条園抹茶カフェ」は、まず、中部の玄関口、中部国際空港セントレアにテイクアウト専門のお店としてオープンしました。

 会社として初めての出店でしたが、国内外のお客さまが訪れる空港で、あらためて抹茶というアイテムの人気を実感しました。セントレアのお店でスイーツの開発、運営ノウハウを蓄積した上で、より大きなお店の出店を計画しました。そして2017年、セントレアの西条園抹茶カフェは規模を拡大し、装いも新たに、名古屋のメイカーズピア、グローバルゲートにそれぞれオープンしました。

 ブランドの構築や、お店の立ち上げは尋常ではない労力を要するのですが、西尾の本店まで足を運べない方にも本物の抹茶の味わいを楽しんで頂いている姿をみると、努力は報われることを実感します。

工場見学ではなく、体験型の抹茶ミュージアムを設立

 2017年4月、あいや本店の敷地内に、体験型の博物館、あいや西尾の抹茶ミュージアム「和く和く」をオープンしました。
あいやでは以前より工場見学を行っていて、たくさんの方々にお越しいただいていました。ただ、工場見学は多くの抹茶メーカーが行なっていますが、製造工程を見て、抹茶を飲んでいただく、というものがほとんどでした。抹茶の老舗として、多くの方に、より深く抹茶の魅力を知ってもらいたい。その思いから他には類を見ない体験型のミュージアムを創ることを考えました。

 ここでは世界での抹茶の使われ方、良い茶葉の見分け方、なぜ茶臼で碾いた抹茶は美味しいのかなど、これまで多くの方に質問されたことを体験を通して理解いただけるようになっています。今はIT化が進み、情報はどこにいても容易に手に入れることができます。だからこそ、ITでは得ることのできない体験を通して「本物」の魅力を感じてもらいたかったのです。その願いは叶い、和く和くは今では西尾市の新しい観光スポットの一つとなっています。

企画開発職(市場開発課)に応募する
企画開発職(市場開発課)に応募する

ページトップに戻る