あいや お抹茶ひとすじ

Shop English

トップページ > 抹茶製造工程 > 抹茶の歴史

抹茶の歴史

約800年前、中国から日本へ。
そして今、日本から世界へ

「お茶」は、中国で紀元前2700年ごろ始まったとされています。当初は漢方薬の一種として飲み始められたそうです。

遣唐使や留学僧たちが唐よりお茶の種子を持ち帰ったことにより日本に「お茶」は伝えられました。当初は日本でもお茶は医薬品として扱われ、貴族や有力層のみが口にしていました。1191年に、臨済宗の開祖となった栄西が中国から帰国した際、茶の種を持ち帰るとともに、茶の粉末を湯の中にいれてかき混ぜる抹茶法を伝えました。時の将軍、源実朝に一杯のお茶と茶の効用を述べた「喫茶養生記」を献上するなどして お茶を武家社会にまで広めました。南北朝時代には抹茶は一般階級にも普及しました。そして、室町幕府から安土桃山時代に村田珠光(むらたじゅこう)、武野紹鴎(たけのじょうおう)、千利休らによって新しいお茶の礼式がつくられ、「侘茶(わびちゃ)」として大成しました。その後、武士階級に普及し、現在の「茶道」として完成されていきました。近年、日本食は健康ブームの後押しもあり世界各国で受け入れられています。同じように、日本茶、抹茶の魅力も広く認知されるようになりました。すでに「MATCHA」という言葉は世界共通語ともいえるようになりました。

中国を起源とするお茶も、現在では日本から世界各国へと輸出されるようになっているのです。

西尾の抹茶

西尾の抹茶

(株)あいやのある愛知県西尾市でお茶が栽培されるようになったのは、1271年、実相寺の開祖、聖一国師が宋から持ち帰った茶の種を境内にまいたのが始まりとされています。

明治時代には、矢作川の豊かな水と肥沃な土壌、この地方の温暖な気候を活用して抹茶の栽培が本格化し、今日では日本有数の抹茶生産量を誇るまでになりました。